« 地方破壊、一極集中、そして郵政民営化 | トップページ | 北海道新聞 記事掲載 2005年総選挙 »

二大政党の均質化、争点なき選挙、そして地方破壊

昨日書いたような論点を民主党がなぜ提起しなかったのかは、疑問です。しかし、小選挙制導入によって、二大政党制を形成しようとしたのが、20-30年前の日本政治学会の主潮流でした。二大政党制において、均質化された政党が出現することは、予測されていました。その教科書どおりの結果になりました。最大野党と政権党との間に、最大の争点に関する差異が国民には不明瞭でした。

今後の日本政治における最大の争点は憲法改正です。憲法改正が制度上可能になります(自公あわせて三分の二以上の議席数獲得)。

|

« 地方破壊、一極集中、そして郵政民営化 | トップページ | 北海道新聞 記事掲載 2005年総選挙 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事