« 郵政民営化 | トップページ | 飛行機と赤ん坊 2 »

赤ん坊と飛行機

小さな子供連れで飛行機に乗る場合もあると思います。
そのとき、航空機会社は、搭乗の最初に親切心から、優先的に搭乗手続きを開始します。しかし、この親切心を信頼してはなりません。こどもはそれだけ、長時間椅子に座ることを余儀なくされます。
むしろ、最後の搭乗客として乗り込むべきです
その間、広いロビーで遊ばせることができます。おそらく、20-30分の違いがあります。

最後の客として乗り込むことによって、子供も安心します。子供にとって、飛行機の中の見える空間は不変だからであります。
最初に搭乗すると、後から乗ってくる客の多さに戸惑います。

|

« 郵政民営化 | トップページ | 飛行機と赤ん坊 2 »

育児」カテゴリの記事